驪州市

Welcome to Yeoju - Yeoju a Variety of Cultural Relics is Alive

HOME > 特産物 > 農産物 > ヨジュ梨

ヨジュ梨

  • expand
  • reduce
  • printing
驪州梨

ヨジュ梨

淡い実が気持よくかまれる‘ヨジュ梨’
日較差が大きくて日照量が豊かでなしを栽培するのにぴったりの気候がわっており、特に、土の深さが深くて肥えた良質土は高級梨の生産を可能にさせた。
季節の昼と夜の日較差にとって誰もまねできない味と色を持っている。

ヨジュの新しい特産物として脚光を浴びているヨジュ梨は、4月中・下旬に白い梨の花が咲いた後に果実が実を結び、大きさが豆粒くらいになれば一つの房から一番大きくて太いものを一つだけ残して間引きするが、中・晩生種はこの時から病虫害防止などのために袋を被せて、最終的に9月中旬から10月中旬まで収穫する。このように「1枝1実」方式で花を間引きるので、他の地方の梨に比べて実が太くて丸いのだ。

ヨジュ梨を高級梨として成長させた背後には農家のそれなりの必死の努力があった。

ヨジュ梨目会は去る1986年から梨を考える集まりという『梨目会』を組織し、現在まで10人の全会員が協力し共同作業、共同選別、共同出荷しながら、経営費の節減はもちろん、世界最高の梨を作るために力を注ぎつつ、ヨジュ梨を独自的に商品化し、国際競争力の向上による消費者の高級「梨」の判断基準を一段階再に次元高めるなど、品質向上に大きな役割を果たし、特に、周辺の果樹農家に新しい営農技法と情報共有に一歩先に立つ事を通し、ヨジュ梨の品質向上を図り、科学営農を普遍化させた。

特に、梨を愛する心と情熱が格別な会員たちは、夫婦が一緒に園芸分野の専門経営人過程を修了し、常に学び、研究する姿勢で梨農業に力を注ぎ、97年度から日本、カナダ、グアム、香港、インドネシアなどに輸出を実践しており、ヨジュ梨は最高の品質と評価されている。ライ麦、蓮華草を利用した地力増進と漢方栄養剤、天恵緑汁、乳酸菌、魚のアミノ酸、天然カルシウム農業副産物を利用した自然資材を活用しており、栄養を与える栽培理論による徹底的な施肥管理を追求している。従って、除草剤や生長促進剤は一切使わず、純粋な自然農法のみで生産している。

(梨目会主要受賞経歴) '95京畿道農漁民大賞(京畿道知事) '96世界農業技術商品目組織部門大賞(農村進興庁、庁民文化財団、世界日報) '96京畿道第1回梨品評会大賞(京畿道知事) '97優良果実品評会大賞(農林部長官) '98第1回自然農業梨品評会金賞(韓国自然農業協会)《その他15回以上受賞》

これ以外にもヨジュには梨グリーン会、ヨジュ果樹作目会、梨協会、梨農会、ニューグリーン作目班などが高級梨の栽培に有利な土質と気候の利点を最大限に生かし、梨の主産地としての面貌を整えるのに一役買っている。

맨 위로 가기

1, Sejong-ro, Yeoju-si, Gyeonggi-do 12619 Rep, of Korea / Tel. +82-31-887-2114 Fax. +82-31-887-2048

Copyright (c) 2015 Yeoju City. All right reserved.